【Twitter】ツイートを読み込めません…特定の人だけ見れない原因は?

Twitter読み込めません 特定の人だけTwitter

Twitterをしていると特定の人だけ、なぜか、

「ツイートを読み込めません」

とか、

「ユーザー情報を読み込めません」

この様に表示される事があります。

フォローしているアカウントの一人だけ「ツイートを読み込めません」とか「ユーザー情報を読み込めません」って表示されるし、何度もやり直すんだけど一向に読み込めないんだよね…

スマフォン
スマフォン

今まで難なく見る事が出来ていたのに、いきなり見れなくなると不思議になりますよね。実は、「ツイートを読み込めません」「ユーザー情報を読み込めません」と表示されるのにはいくつかの原因があります。

そこでこの記事では、”フォロワー”や”フォロー”している人で「ツイートを読み込めません」や「ユーザー情報を読み込めません」と表示される原因について紹介したいと思います。

おすすめ記事【Twitter】いいねできない!いいねが消えていく…原因は何?

スポンサーリンク

【Twitter】ツイートを読み込めません…特定の人だけ見れない原因

Twitterで「ツイートを読み込めません」「ユーザー情報を読み込めません」と表示されるにはいくつかの原因があります。

主な原因としては、

  1. 相手のアカウントが凍結させられている
  2. 相手のアカウントが削除されている
  3. こちらの通信環境が悪い場合

以上の3つが原因として考えられます。

①:相手のアカウントが凍結させられている

フォローしてる相手のTwitterアカウントが凍結させられている場合、プロフィール画面へ行った時も、

「ツイートが読み込めません」

「ユーザー情報を読み込めません」

と読み込みエラーを起こす事があります。

アカウントの”凍結”というのは、しばらくTwitterを使っていない場合にアカウントロックさせられたり、スパム行為によってTwitter運営からペナルティを受けた場合に凍結させられます。

②:相手のアカウントが削除されている

フォローしてる相手のTwitterアカウントが”削除された場合”も同様に「ツイートを読み込めません」「ユーザー情報を読み込めません」と表示されます。

スマフォン
スマフォン

Twitterのアカウントはアカウント削除しても”30日間”は完全に削除される事なく、30日以内にログインする事で削除リクエストをリセットする事が出来ます。その為、特定のアカウントのみ「ツイートを読み込めません」「ユーザー情報を読み込めません」と表示される場合はアカウントが削除された可能性もあります。

しばらくしてからプロフィールに行ってもなお、同様の表示である場合は凍結の可能性のほうが高いかもしれません。

関連記事【Twitter】ツイート削除したけどタイムラインに残るって本当?

③:こちらの通信環境が悪い場合

こちら側の通信環境が悪い場合も「ツイートを読み込めません」「ユーザー情報を読み込めません」と表示される事があります。

ただ、特定の人だけでなくどの人のプロフィールページでも同様の症状が表示される場合はTwitter側の不具合の可能性もありますので、しばらく様子を見るしかありません。

まずはWi-Fiなどの通信環境が不安定ではないかを確認した後、Twitter側で不具合などが起きていないかを確認するのも一つの手です。

Twitter側の不具合を確認する手段として最も手軽なのが、

それぞれにアクセスしてレビュー投稿を確認する方法です。

もしこの時、Twitter側で何かしら不具合がある場合は、誰かが投稿している事がありますので、確認手段の一つとして知っておくと良いですね。

関連記事【Twitter】パスワード確認の画面ってどこ?

スポンサーリンク

【Twitter】凍結・削除させられているのかの確認方法

フォローしている人やフォロワーの人が「ツイートを読み込めません」「ユーザー情報を読み込めません」と表示されている場合に、簡単に相手の状況を把握する方法があります。

その方法がWEB版のTwitterにログインして相手のプロフィールページにいく方法です。

WEB版であればネットを介して詳しい表示がされていますので、相手の状況を知る事が出来ます。

→Twitter(ブラウザ版)

相手のプロフィール画面を表示した時に、

  • アカウント削除している場合:「削除されました」
  • 凍結されている場合:「凍結されています」

この様な表示がされているはずなので判断がつきやすいです。

もしこの時に普通にツイートが表示されている場合は、Twitterアプリの不具合だという事が判断としてつきます。

関連記事【Twitter】開けない・強制終了してしまう時の3つの対処法

まとめ

今回は【Twitter】ツイートを読み込めません…特定の人だけ見れない原因についてみてきました。

まずは、こちら側の通信環境を確認してから、問題がない様であればブラウザ版にアクセスして相手のアカウントの状況を確認するのがベストかもしれません。

アカウントの凍結や削除はこちら側ではどうする事が出来ません。

その相手との交流がある場合は時々アクセスしてみて状況確認してみても良いかもしれませんね。

また、あなたはタイムラインで「センシティブな内容で…」という表示は見たことありますか?

見たいのに見れない!

そんな時の対処法を次の記事では解説しましたので参考にしてみて下さい。

関連記事【Twitter】センシティブな内容の解除と英語で解除できない時の対処法

コメント