【Twitter】メディアストレージを削除するとどうなる?

【Twitter】メディアストレージを削除Twitter

この記事では、Twitterの「メディアストレージ」を”削除”するとどうなるのかについて解説しています。

Twitterを使っていてアプリの動きが”もっさり”したり、”落ちてしまう”時に利用したいのがアプリ内に溜まったキャッシュの削除です。

Twitterではアプリ内でキャッシュの削除をする事ができます。

ただ、本当に消しても大丈夫なのか、後で後悔してしまわないだろうか…と心配になってしまいますよね。

そこでこの記事では、実際に「メディアストレージ」を削除してどう変化があるのかを試してみました。

スポンサーリンク

【Twitter】メディアストレージを削除するとどうなる?

一般的に「デバイス(端末)」や「アプリ」の動きがおかしくなった時はキャッシュの削除をすると言うのが定説です。

これは間違いありません。

キャッシュが溜まり過ぎてしまうと、アプリの挙動がおかしくなり強制終了や動きが遅くなってしまいます。

その為、アプリ内のキャッシュを削除する事でアプリの動きを安定化させるだけでなく、快適にアプリを使う事ができる様になります。

と言う事で、実際にTwitterアプリ内の「メディアストレージ」を削除してみました。

【iPhone】「メディアストレージ」を削除してみた

iPhone版のTwitterアプリを開けて、自分のアイコンをタップ後、設定とプライバシー」>「データ利用の設定」>「メディアストレージ」へと進みます。

すると以下の様に現在のストレージ使用状況を確認でき、今回の場合は86.7MBのストレージを使っている事が確認できます。

Twitterアプリではアプリのストレージで保存できる容量が、上記で示されている様に192MBまでと決まっている様です。

つまり言い換えると、192MB以上のストレージが溜まってしまうとTwitterアプリの挙動に変化がある…と言うことになりますよね。

そして、「メディアストレージ」を削除をタップして「削除」します。

以下の様に「メディアストレージ」が「0 KB」と表示されていて、キャッシュが削除されたことを確認できます。

この時のTwitterアプリの操作性を確認してみたのですが、確かに「メディアストレージ」を削除する前よりも”軽快”にフリック・スワイプが行えます。

タイムラインも今まで通り閲覧できますし、通信状況にもよりますが、読み込みも体感的に早く感じました。

ただ、ここで冒頭でもキャッシュは溜まると書きましたが、ここでもう一度「メディアストレージ」を確認してみました。

スポンサーリンク

タイムラインを数秒確認した時の「キャッシュ」の溜まり具合

タイムラインを数秒ほど閲覧してから、もう一度「メディアストレージ」がどれくらい溜まったのかを確認してみました。

タイムラインの数秒閲覧だけで「732KB」も溜まっていました。

つまりTwitterアプリで割り当てられているのは、「192MB」→「192000KB」なので、結構限られている感じは受けました。

1週間も使っているとすぐにこれくらいは溜まってしまうかもしれませんね。

どれくらいの周期で「メディアストレージ」を削除すればいい?

今回「メディアストレージ」を削除してみて分かったことですが、「メディアストレージ」を削除してもタイムラインを閲覧しただけで、すぐにキャッシュは溜まってしまいます。

Twitterアプリの挙動を安定させる場合、「メディアストレージ」の削除する周期は”1週間に1度くらい”が良いのかな?と感じました。

もちろん192MB一杯になったとしてもTwitterアプリは使えますので、深刻にならなくても良いのかもしれませんが、あくまでも実践してみたデータ観念からいくと、1週間に1度のキャッシュ削除がいいのかもしれません。

まとめ

今回は【Twitter】メディアストレージを削除するとどうなるのかを実際に削除してみて操作性やキャッシュの溜まり具合を確認してみました。

Twitterアプリの挙動がおかしいと感じた場合は、まず今回紹介した「メディアストレージ」を削除するのがおすすめです。

その他にもTwitterの挙動を安定させる方法はいくつかあります。

【Twitter】開けない・強制終了してしまう時の3つの対処法」でその他の方法を紹介しましたので参考にしてみて下さいね。

 

Twitter
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします!
スポンサーリンク

関連記事

スマフォンのITメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました