トヨタがキャッシュレス決済に参入!クレジットカードで車買える?

キャッシュレス決済

世界有数の自動車販売メーカーのトヨタ(TOYOTA)がキャッシュレス決済に対応したウォレット「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」を2019年11月19日に配信開始しました。

驚くべきは「TOYOTA Wallet」で車も購入できるとのこと。

クレジットカードで車は基本、購入できませんが、この「TOYOTA Wallet」であれば車でさえも購入可能だということ。

そこでこの記事では、「TOYOTA Wallet」はどのようなキャッシュレス決済アプリなのか、また他のキャッシュレス決済アプリと何が違うのかについても紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」とは!?

「TOYOTA Wallet」とは、トヨタのグループ会社であるトヨタファイナンスが提供するキャッシュレス決済アプリです。

11月19日(火)のサービス開始時点では、iOS版のみリリースされました。

※Android版のリリースは来春を予定しています。

  • トヨタウォレットのダウンロードはこちら
  • トヨタウォレットの公式発表はこちら

「TOYOTA Wallet」と他のウォレットとの大きな2つ違い

キャッシュレス決済アプリと聞くと「PayPay」とか「LINEPay」のようなアプリをイメージしますよね。

しかし、トヨタの「TOYOTA Wallet」は他のキャッシュレス決済アプリとは大きな違いがあります。

違い1:「TOYOTA Wallet」は「タッチ式」と「QR決済」両方に対応!!

「TOYOTA Wallet」は「iD」もしくは「Mastercard コンタクトレス」の機能が利用できるので、Suicaのようにタッチで決済できます。

また、「OrigamiPay」や「銀行Pay」とも連携しているので、「PayPay」とか「LINEPay」の様なQR決済機能も兼ね備えているのです。

つまり、「タッチ式決済」「QR決済」の両方が利用できます。

違い2:「TOYOTA Wallet」はプリペイド・クレジット・デビット全ての決済手法に対応

さらに、「TOYOTA Wallet」はプリペイド・クレジット・デビット全ての決済方法が可能です。

例えば、プリペイドカードであれば、チャージした金額以外は利用できないので使いすぎも防げます

そしてクレジットカードであれば、手元に大きなお金がなくともその場で大きな買い物もできます。

また、デビッドカードであれば、銀行口座から直接引き落とされるので、口座にある金額以上のものは購入できませんので安心です。

プリペイド・クレジット・デビット全てを網羅したキャッシュレス決済は今のところ「TOYOTA Wallet」のみなんです。

「TOYOTA Wallet」初回特典キャンペーン

「TOYOTA Wallet」のリリースに合わせて、初めてチャージ方法を設定をすると、初回特典として500円分がもらえます。

アプリ画面中部のバナーをタップして、チャージ方法を選択すれば初回特典500円分ゲットです♪

「TOYOTA Wallet」のダウンロードはこちら

「TOYOTA Wallet」それぞれの使い方

「TOYOTA Wallet」のそれぞれの決済方法

トヨタウォレットの決済方法は以下の3つに分かれます。

①プリペイド型「TOYOTA Wallet 残高」

TOYOTA Wallet 残高

支払い方式:事前チャージ型(プリペイド)

決済方法:かざして決済

利用可の店舗:「iD」もしくは「Mastercard コンタクトレス加盟店」「Mastercard加盟店」で利用できます。

「iD」/「Mastercard コンタクトレス」はプリペイド型なので、iphoneに事前チャージしておく必要があります。またタッチ式決済ができるiPhone7以降の機種で、「TOYOTA Wallet 残高」利用することができます。

②クレジット型「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」

TOYOTA TS CUBIC Origami Pay

支払い方式:後払い型(クレジット)

決済方法:QRコード/バーコード決済

利用可の店舗:「Origami 加盟店」で利用できます。

クレジット型の「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」を利用する場合は、「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」に新規入会する必要があります。

スマフォン
スマフォン

すでに「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」のアカウントを持っている場合は、トヨタウォレットに切り替えるだけでOKです。

「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」を新規で利用する場合、トヨタウォレットをダウンロード後、近くのトヨタ店舗で「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」の新規登録手続きが必要になるので、そこだけ注意しておきましょう。
TOYOTA TS CUBIC Origami Payの詳細はこちら

③デビット型「銀行Pay」

銀行Pay

支払い方式:即時引き落とし型(デビット)

決済方法:QRコード/バーコード決済

利用可の店舗:「銀行Pay」加盟店で利用できます。

デビット型の場合は、「銀行Pay」を利用します。

この決済手法は、決済後に銀行Payに紐づけしてある口座から利用額が自動的にその場で引き落とされます。
スマフォン
スマフォン

キャッシュレス決済によるお金の使いすぎに不安を感じる人は、このデビット型の利用がオススメですよ。

「TOYOTA Wallet」が使える加盟店

トヨタウォレットはプリペイド・クレジット・デビットの利用する決済手法によって利用できる店舗が異なってきます。

決済手法利用できる加盟店
①プリペイド型「iD」「Mastercard コンタクトレス(国内版/ECサイトのみ)」の加盟店
②クレジット型OrigamiPay加盟店
③デビット型銀行Pay加盟店

①プリペイド型「TOYOTA Wallet 残高」が使える加盟店

プリペイド型は「iD」、「Mastercard コンタクトレス」の加盟店で利用できます。

例えば、スーパーだと、AEONを始め多くの巣<label> パーで利用できます。

また、コンビニエンスストアでも利用できます。

スマフォン
スマフォン

その他にもレストラン系やカフェ系、居酒屋系、空港など生活する中で関わる機会のある場所ならほとんど利用できますよ。

iDの加盟店一覧はこちら

②クレジット型「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」が使える加盟店

都心の飲食店に多いイメージがあります。

スマフォン
スマフォン

この他にもコンビニならローソン、ケンタッキーやRight-onなどのファッション系でも使えます。

OrigamiPayの加盟店一覧はこちら

③デビット型「銀行Pay」の加盟店

横浜銀行が提供する「はまPay」やゆうちょ銀行が提供する「ゆうちょPay」の加盟店でも利用できます。

スマフォン
スマフォン

例えば、ゆうちょPayが使えるコンビニとしては、ミニストップがありますね。

銀行Payの加盟店はこちら

「TOYOTA Wallet」に対する口コミ

悪用されたら車も買われてしまいそう
MaaS社会への布石ですね 日本で一番大きい自動車企業が率先してこういう動きをするのは他企業への影響や刺激になって良い事だしトヨタはこの規模なのに常に危機感を持って未来に動いてる
車も買えるとなると最高決済限度額が気になる所。カタログ見てたつもりが購入になってたとか有ると怖いねw(いや、購入に必要な書類や捺印含めてさすがにそれはないだろうが)
キャッシュレス決済が乱立し過ぎて使いづらくなる。せめて、各種キャッシュレス決済と互換性をもって欲しい。
スマフォン
スマフォン

不安もあれば期待もある…そんなコメントが目立ちました。

「TOYOTA Wallet」のまとめ

今回は、「TOYOTA Wallet」のポイントをまとめると、

  1. 「TOYOTA Wallet」はトヨタ(ファイナンス)が提供するキャッシュレス決済アプリ
  2. タッチ式/QR決済の2種類の決済手法とプリペイド・クレジット・デビット全ての決済手法を網羅している
  3. 利用できる加盟店はプリペイド・クレジット・デビットの決済手法によって変わる

後発組としてリリースされた「TOYOTA Wallet」ですがこれからどんな展開を見せるのか注目ですね。

「PayPay」や「LINE Pay」が今後どの様に動くのかにも注視したいです。

コメント