LINEのトーク履歴が保存できない時の対処法[Android/iPhone]

LINEのトーク履歴が保存できない時の対処法Line

LINEのトーク履歴が保存できない〜

AndroidスマホやiPhoneの機種変更を行う時に悩むのがLINEの引き継ぎ。

新しいスマホでも既存のログイン情報を入力する事でLINEを利用再開する事が出来ますが、そのままログインしてしまうとこれまでのトーク履歴は失ってしまいます。

そんな時に便利なのがLINEトーク履歴のバックアップ機能なのですが、バックアップしようにも保存できない時がある様です。

スマフォン
スマフォン

そこでこの記事では、LINEのトーク履歴が保存できない時の対処法について「iPhone」・「Android」に分けて紹介したいと思います。

関連記事:LINEトーク履歴(写真・動画・テキスト)のサーバー保存期間は?

スポンサーリンク

LINEトーク履歴の保存(バックアップ)手順の確認

まず初めにLINEのトーク履歴の保存手順を確認してみましょう。

もうすでにLINEアカウントの引き継ぎが完了してしまっている場合は、前機種のトーク履歴は削除されてしまうのでバックアップを取り直すことが出来ません。

では早速、iPhone、AndroidでのLINEトーク履歴のバックアップ手順を確認してみましょう。

iPhoneでのLINEトーク履歴のバックアップ手順

LINEを起動後、

「ホーム」>「左上歯車」>「トーク」>「トークのバックアップ」へと進みます。

今すぐバックアップ」をタップすると以下の様にトーク履歴のバックアップがiCloud状に作成されます。

もしこの時、「iCloudに接続されていません」と表示されてバックアップできない場合は、

iCloudに接続されていません

iPhone「設定アプリ」>「iCloud」>「iCloud Drive」

を確認してiPhoneのiCloud Driveが「オン」になっているかを確認しましょう。

関連記事:【iPhone】iCloudでバックアップする設定方法

AndroidでのLINEトーク履歴のバックアップ手順

スマフォン
スマフォン

AndroidのLINEトークのバックアップのやり方に入る前に、まず、LINEアプリとAndroid OSを最新バージョンにします。

アップデートが完了したら早速、バックアップに入ります。

まずLINEを起動させます。

「ホーム」>「設定(歯車)」>「トーク」>「トーク履歴をバックアップ&復元」>「Googleドライブにバックアップする」

へと進みます。

するとGoogleのアカウントの選択を迫られますので、任意のアカウントを選択して「OK」をタップします。

そして準備が完了したら右上にある「許可」をタップするとバックアップが開始されます。

バックアップが完了すると以下の画像のように日付と容量の合計が記載されるので、確認しましょう。

スマフォン
スマフォン

ちなみにGoogleドライブの保存容量は無料で15GBまで保存できるので、よほどのことがない限り容量不足になる事はないと思いますよ^^

詳しくは「LINEトークのバックアップのやり方[iphone/Android]」で解説しましたので参考にしてみてください。

では、前置きが長くなりましたがLINEのトーク履歴が保存できない時の対処法について解説したいと思います。

スマフォン
スマフォン

まずは原因から順に見て対処してみましょう。

スポンサーリンク

LINEのトーク履歴が保存できない時の原因と対処法

LINEのバックアップ手順でトーク履歴の保存ができない場合は主に、

  1. バックアップする為の設定がスマホで出来ていない
  2. LINEアプリ・スマホ(Android/iPhone)のバージョンが古い
  3. スマホの通信環境が悪い
  4. クラウドストレージ(iCloud、Googleドライブ)の空き容量が残り少ない
  5. LINEアプリの不具合によるもの

以上5つの原因があると考えられます。

では順に原因を確認して対処してみましょう。

①:バックアップする為の設定がスマホで出来ていない

LINEのトーク履歴をバックアップ保存するためには、LINEアプリ以外の機能を使うことになります。

つまり、バックアップする為の設定がスマホ(Android/iPhone)で出来ていない場合は正常にLINEトーク履歴をバックアップすることが出来ません。

では、バックアップする為の設定をAndroid/iPhoneそれぞれに分けて確認してみましょう。

[iPhone]バックアップする為の設定

iPhoneでLINEのトーク履歴をバックアップする時にはiOSのiCloudを利用します。

「設定」アプリ>「名前(AppleID)」>「iCloud」

iCloud Drive」と「LINE」のスイッチが「オン」になっていることを確認しましょう。

もしこの時点で、iCloudの設定が出来ていなかった場合は、もう一度LINEのトーク履歴がバックアップできるかどうかを確認してみましょう。

[Android]バックアップする為の設定

Androidスマホでバックアップ設定の確認する場合は、アプリの権限の「連絡先」が「オン」になっているかを確認します。

「設定」アプリ>「アプリ」>「LINE」>アプリの権限で「連絡先」が「オン

もしこの時、「連絡先」が「オフ」になっていた場合は、もう一度LINEのトーク履歴がバックアップできないかを確認してみましょう。

②:LINEアプリ・スマホ(Android/iPhone)のバージョンが古い

LINEアプリと端末のOSのバージョンが古いと互換性がなくなりバックアップが取れないこともあります。

LINEアプリ・端末のOSのバージョンそれぞれのバージョンを確認して古い場合はアップデートするようにしましょう。

LINEアプリのアップデート手順

LINEはSNSアプリの中でもアップデートの多いアプリです。

以下の公式ページからアップデートが可能かどうかをまず確認してみましょう。

  • Android(Google Play):LINE
  • iOS(App Store):LINE

各OSに合った公式のページへ行き、アプリのアップデートがまだの場合は、

  • Androidであれば「更新」
  • iOSであれば「アップデート」

と書かれてありますので、それぞれをタップしてアップデートする様にしましょう。

Android/iOSのバージョンのアップデート手順

Androidのバージョンのアップデート
「設定」アプリ>「端末情報」>「システムアップデート」もしくは「ソフトウェアの更新」

もし、アップデート情報がある場合は端末の案内に従ってOSのアップデートを行いましょう。

iOSのバージョンのアップデート
「設定」アプリ>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」

アップデートがある場合は「今すぐインストール」をタップします。

③:スマホの通信環境が悪い

LINEのトーク履歴をバックアップする場合、クラウドストレージにアクセスするためにインターネットを利用します。

つまり、トーク履歴のバックアップを行う場合は出来るだけ通信環境の良い場所で行うようにしましょう。

  • モバイルデータ通信
  • Wi-Fi通信

それぞれの受信状況を確認しながらバックアップを行います。

もし、モバイルデータ通信で毎月の通信容量をオーバーしている場合はWi-Fiに切り替えるなどして対応しましょう。

LINEのトーク履歴をバックアップ中は通信環境を切り替えたり、スマホを持ったまま移動しないように注意しましょう。バックアップ処理が正しく行われない可能性があります。

Wi-Fiの接続が不安定な場合は「Wi-Fiの接続が不安定だったり切れる原因」を確認して対処してみましょう。

④:クラウドストレージ(iCloud、Googleドライブ)の空き容量が残り少ない

LINEのトーク履歴をバックアップする場合、

  • iPhone → iCloudに保存
  • Android → Google Driveに保存

などそれぞれのOSに対応したクラウドストレージを利用します。

つまり、保存先のクラウドストレージの空き容量が不足している場合、LINE側でバックアップを進めても途中でバックアップが止まってしまったり、正しく完了しなかったりします。

クラウドストレージの空き容量は、LINE内のトーク履歴のデータ量にもよりますが、最低でも1GB以上は必要だと考えられます。

スマフォン
スマフォン

特にiPhoneを使っている方は注意なのですが、iCloudは5GBまでしか無料で利用することが出来ませんので空き容量には注意してください。

ではそれぞれのクラウドストレージの空き容量を確認していきましょう。

[iPhone]iCloudの空き容量の確認手順

「設定」アプリ>「名前(AppleID)」>「iCloud」

上の画像を見てもらうと分かるのですが、写真はかなりのデータ容量を使用しますので、iCloud内の写真や動画を確認して必要ないものは削除するようにしましょう。

スマフォン
スマフォン

ちなみにiPhoneのカメラロールから写真や動画を削除するとiCloud上の写真・動画データも同時に削除されるので便利ですよ。

[Android]Googleドライブの空き容量の確認手順

「ドライブアプリ」>「左上[三]」をタップ>メニュー下部の「保存容量」に使用量が表示
スマフォン
スマフォン

ちなみにGoogleドライブは「ゴミ箱フォルダ」内のデータも使用量に反映されてしまいますので、「ゴミ箱フォルダ」内のデータをからの状態にする事で空き容量を増やすことが出来ますよ。

スポンサーリンク

⑤:LINEアプリの不具合によるもの

LINEアプリの不具合が考えられる場合は、

  • LINEアプリの再起動
  • 端末(Android/iPhone)の再起動

を行うようにしてみましょう。

スマホ(Android/iPhone)の再起動をするだけでも症状が改善した人もいますので、試してみましょう。

Androidスマホの再起動はサイドボタン(電源ボタン)の長押しで電源を落として、もう一度サイドボタン(電源ボタン)の長押しをする事で、再起動が完了します。

iPhoneに関しては使用している機種によって再起動の方法が変わってきますので、「【iPhone】再起動と強制再起動(リセット)の違いとやり方」を確認して再起動してみましょう。

スマフォン
スマフォン

そしてそれぞれ再起動ができましたら、LINEを起動してもう一度トーク履歴のバックアップが取れるかどうかを試してみましょう。

まとめ

今回はLINEのトーク履歴が保存できない時の対処法という事で[Android]と[iPhone]それぞれ分けて紹介しました。

トーク履歴のバックアップは完了しましたでしょうか。

  1. バックアップする為の設定がスマホで出来ていない
  2. LINEアプリ・スマホ(Android/iPhone)のバージョンが古い
  3. スマホの通信環境が悪い
  4. クラウドストレージ(iCloud、Googleドライブ)の空き容量が残り少ない
  5. LINEアプリの不具合によるもの

以上5つが関係していないかを確認してそれぞれに合った対処を行いましょう。

参考になれば幸いです。

関連記事:LINE IDは悪用されるリスク有り?悪用されない為の3つの対処法

コメント