iPhoneの画面が暗いままで明るくならない!音は鳴るけど…これって修理?

iPhoneブラックアウトiPhone(iOS)

iPhoneが暗いままで明るくならない…音はなるんだけど。

iPhoneが突然真っ暗になる現象が時々あります。ホームボタンはどうやら効くようです。

iPhoneで連絡を取ろうにも画面が真っ暗だとどうすることもできませんよね。

この場合、ホームボタンが使えるか?または音はなるのか?などで対処方法も少し変わってきます。

スマフォン
スマフォン

そこでここでは、iPhoneが暗くなったままで明るくならない場合の原因や対処法について紹介したいと思います。

最後まで読んでいただくことで、iPhoneが今まで通りの明るさを取り戻してくれるかもしれません。

もし、iPhoneの「低電力モード」の影響で画面が暗いままの場合は「iphoneの「低電力モード」の設定方法と解除方法」を参考にしてください。

スポンサーリンク

iPhoneの画面が突然真っ暗に!原因は何!?

iPhoneの画面が突然真っ暗になってしまう現象のことをユーザーの中では「ブラックアウト現象」と呼ばれています。

原因を特定する為の判断材料として、

  • iPhoneの音は鳴るのか
  • iPhoneのホームボタンは効くのか

という2つのポイントがネックとなりそうです。

iPhoneの画面が暗いまま!音は鳴るなら原因はこれかも

iPhoneの画面が暗くなったけど音は鳴る、そんな場合はおそらく電源には問題がない可能性があります。

ここではiPhoneの電源に問題はないという前提で原因と対処法を見ていくことにします。

もし充電関係に不安がある場合は「iPhoneがバッテリー切れして起動しないのは完全放電してるから?」を一読ください。

iPhoneのシステム・ソフトウェアの不具合

iPhoneのソフトウェア、iOSは定期的にアップデートしています。

その為、iOSが最新のバージョンでない場合、アプリとの互換性が保たれず、画面がブラックアウトしてしまう事があります。

iPhoneのシステムやソフトウェアが問題である場合は、強制再起動を行う事で改善される可能性が高いです。

iphone6以前の再起動方法は「ホームボタン」と「右側のスリープボタン」を同時に長押しになります。

下記のどの手順も強制終了したら、もう一度サイドボタンを長押ししてiphoneを起動させます。

※iphone7〜iphone Xまでの強制再起動を以下に紹介しています。

iPhone[X]やiPhone[8]の強制再起動

iPhone X、iPhone 8の強制再起動の方法は以下になります。

①音量を上げるボタンを押してすぐに放す

②音量を下げるボタンを押してすぐに放す

③サイドボタン(従来のスリープ/電源ボタン)を電源が切れるまで長押し

iPhone[7]以前のiPhoneを強制再起動

次にiPhone7や、それ以前のiPhoneを強制再起動する方法を紹介したいと思います。強制再起動の方法は、iPhone7とそれより前の機種では若干異なってきます。

iPhone 6s/6s Plus/SE以前のiphoneの強制再起動

iPhone 6s/6s Plus/SE以前の端末の強制再起動の方法です。

「ホームボタン」と「サイドボタン(電源ボタン)」を同時に押し、Appleのロゴが表示されるまで長押しします。

iPhone 7/7 Plus

最後にiPhone 7/7Plusでの強制再起動の方法です。

「音量ボタン(下げる)」と「サイドボタン(電源ボタン)」を同時に押してAppleロゴが表示されるまで長押しします。

強制再起動はできましたでしょうか。

iPhoneの画面が暗いまま!ホームボタンが効くなら

iPhoneの画面は真っ暗なまま、だけどホームボタンは効くのであれば、メモリの使用過多が原因の場合も考えられます。

先述した強制再起動を行った後、アプリをたくさん起動させている場合はホームボタンを2回押してマルチタスクを開き、使っていないアプリを終了させるようにしましょう。

iPhone内の設定によって画面が暗いままのケース

iPhoneはかなり細かく設定ができるのも特徴です。

色々触っていて気がついたら画面が暗いままになっていたというケースもあります。

iPhoneの設定で画面が暗くなるケースは主に、

  1. 「画面表示と明るさ」の設定
  2. Night Shift(ナイトシフト)の設定
  3. ズーム設定

などがiPhoneの画面に関係してくる設定になります。

では、それぞれを確認していきましょう。

①:「画面表示と明るさ」の設定

iPhoneはアップデート後、自動調節がなくなり、手動での明るさの調整になりました。

「設定アプリ」>「画面表示と明るさ」

へと進み、調節バーを右に移動させてみましょう。

これで画面が明るくなれば問題ありません。

ん〜、画面は明るくはなったけど、なんか黄色っぽいんだけど…

この場合は次の項目に進みましょう。

②:Night Shift(ナイトシフト)の設定

iPhoneのNight ShiftモードというのはiPhoneから発せられるブルーライトをiPhoneのみで軽減させることができる便利な機能です。

スマフォン
スマフォン

しかし、このNight Shiftモードが画面全体が黄色っぽくなってしまうので、人によっては画面が暗いと感じてしまう可能性もあります。

今までに使ったことがある人は合わせて確認してみましょう。

「設定アプリ」>「画面表示と明るさ」>「Night Shift」をタップします。

ここで、「時間指定」「手動で明日まで有効にする」を「オフ」設定にします。

これでiPhoneの「Night Shiftモード」は「オフ」の状態です。

スマフォン
スマフォン

ちなみに「Night Shiftモード」はiPhoneのコントロールセンターから簡単に「オン/オフ」を切り替えることができます。

③:ズーム設定

そして実は案外見落としがちな「ズーム設定」も画面の明るさに関係しています。

ズーム機能は文字通りiPhone画面の文字や画像を拡大して表示させる機能なのですが、ズーム機能内の「ズームフィルタ」という項目があります。

この「ズームフィルタ」は反転や低照度を設定できる項目なので、この二つにチェックが入っていると必然的に画面は暗くなります。

では確認してみましょう。

「設定アプリ」>「一般」>「アクセシビリティ」>「ズーム機能」をタップ。

ここまでは、iPhoneのシステム周りが原因の対処法を紹介しました。

ここからはiPhone本体が原因による場合を紹介します。

スポンサーリンク

iPhone本体が原因で画面が暗いままの場合

iPhone本体に問題がある場合は主に物理的な原因があると考えられます。

ここで紹介する原因の可能性がある場合は、iPhoneの買い替えも視野に入れなくてはいけません。

①:ディスプレイケーブルの損傷

iPhoneを地面に落としたり、何かにぶつけてしまったなど大きな衝撃を与えてしまった場合、内部のディスプレイケーブルが損傷してしまう可能性があります。

自分ではそれほど強い衝撃ではなかったと思っていても、iPhoneにとってはその衝撃が致命的になってしまう可能性も0ではありません。

ディスプレイケーブルは本体内部と液晶をつなぐケーブルなので、これが損傷してしまった場合は修理するしかありません。

②:バックライトが切れている

iPhoneの液晶画面に組み込まれているバックライトが寿命を迎えると突然ライトが切れてしまいます。

また、先に書きましたように何かにぶつけてしまったりして画面を破損してしまった場合もバックライトが損傷してしまうケースはあります。

バックライトが切れてしまうと画面の明るさは急に落ちてしまうので、画面は当然真っ暗になってしまいます。

やはりこの場合も修理、もしくは買い替えになるかと思います。

③:iPhoneが湾曲している

iPhoneにはリチウムバッテリーが使用されています。

この電池ですが、iPhoneを水に濡らしてしまった場合やバッテリー自体に熱がこもったりすると電池パックが膨張してしまうことがあります。

電池が膨張してしまうと、当然iPhoneは変形してしまうので画面も損傷してしまいます。

この場合はiPhoneのリチウムバッテリーの交換、もしくは修理、買い替えになるかと思います。

外的要因は無さそう、でも強制再起動もできない場合は…

何かにぶつけた記憶もない、電池も通常、でも強制再起動もできない…、そんな場合は「iPhoneの復元」を行うしか方法はないかもしれません。

復元方法は、iPhoneとPCを接続してiTunesを開きます。

「いますぐバックアップ」>「iPhoneの復元」

へと進みます。

注意点としてiPhoneは工場出荷時の状態に戻ります。正常に起動するようになるので、改めて先ほどとったバックアップを「バックアップを復元」で元に戻せば、元の環境に戻ります。

しかし、アプリで保存した内容などは戻らない可能性があるので、あくまでも「iPhoneの復元」は最終手段として最後まで取っておきましょう。

まとめ

今回はiPhoneの画面が暗いままで明るくならない!音は鳴るけど…これって修理?という内容でした。

ほとんどの場合、iPhoneの強制再起動で改善される場合が多いです。

それでも改善されない場合はやはりiPhoneの修理、もしくは買い替えも視野に入れなくてはいけないのかもしれません。

参考になれば幸いです。

また、iPhoneのセキュリティ対策は万全ですか?

iPhoneがハッキング、乗っ取りされているかの確認方法や対策」でiPhoneのハッキングについて解説してみました。

iPhone(iOS)
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします!
スポンサーリンク

関連記事

スマフォンのITメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました