【iPhone】Safariで個別にキャッシュ・クッキーを削除!

iPhone(iOS)

この記事では、iPhoneのSafariで個別にキャッシュ・クッキーを削除する方法について解説しています。

iPhoneの動作がもっさりしてきた…そんな場合にまず思いつくのがiPhone内のキャッシュ削除ですよね。

ただ、iPhone内のSafariアプリのキャッシュを削除する場合、キャッシュだけでなくCookie(メールアドレス、ログイン情報)も削除されてしまいます。

ログインしなくてはいけない会員サービスを利用している場合は再度入力→保存の手順を踏まなくてはいけないので面倒です。

そこでここでは、iPhoneのSafari内に溜まっているキャッシュデータを個別に削除(キャッシュクリア)する方法を紹介します。

ちなみにSafari内のキャッシュ・Cookieを全て一括で削除する手順は以下の記事で解説しましたので参考にしてみて下さい。

関連記事 iPhoneのキャッシュの意味や削除方法とアプリ

スポンサーリンク

【iPhone】Safariで個別にキャッシュ・クッキーを削除

Safariのキャッシュを個別に削除(キャッシュクリア)する方法は簡単にできます。

まず初めに「設定」アプリを起動したらつぎに「Safari」をタップし、次の画面の一番下に「詳細」と書かれてあるのでこちらをタップします。

次に「詳細」画面の一番上に表示されてある「Webサイトデータ」をタップします。

すると「Safari」アプリ内で一時的に保存されているキャッシュデータの一覧が表示されますので、キャッシュを削除したいWebサイト名を検索窓に入力します。

今回はameblo(アメブロ)のキャッシュデータを削除(キャッシュクリア)したいので、検索窓に[amebl]と入力しました。

※文字を入力していくと入力した文字に関連するデータが表示されます。

そしてキャッシュを削除したいWebサイトデータが表示されたら、その項目を左にスワイプします。

スワイプすると右側に「削除」の文字が表示されますので、「削除」をタップすると、文字通り該当のWebサイトのキャッシュデータを削除する事ができます。

この後「完了」をタップすると前画面に変わりますので、その他に削除したいWebサイトデータがある場合は上記の手順でキャッシュデータの削除を行う様にしてみて下さい。

まとめ

今回は【iPhone】Safariで個別にキャッシュだけ削除する方法について紹介しました。

iPhoneのSafariでのキャッシュ削除はCookieも削除してしまうので、面倒といえば面倒です。

しかし「iPhoneのキャッシュの意味や削除方法!おすすめアプリ」で紹介しているアプリを使えばiPhone内のキャッシュのみの削除も可能です。

ぜひ参考にしてみて下さい。

iPhone(iOS)
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします!
スポンサーリンク

関連記事

スマフォンのITメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました