【iPhone】キャッシュとクッキー(Cookie)の違いとは?

キャッシュとクッキー(Cookie)の違いiPhone(iOS)

iPhoneのキャッシュが溜まってるとかクッキー(Cookie)がどうだとか言ってるんだけど、キャッシュとクッキーの違いとは何なの?

スマフォン
スマフォン

キャッシュとクッキーは両方ともデータを記憶するシステムなのですが、実は、意味合いも用途もまったく違います。

そこでこの記事では、キャッシュとクッキー(Cookie)の違いとは、一体どこがどう違うのかについて、できるだけ簡単に解説してみたいと思います。

関連記事:iPhoneへのクレジットカード登録は危険?

スポンサーリンク

【iPhone】キャッシュとクッキー(Cookie)の違いとは?

キャッシュとクッキー(Cookie)の違い

キャッシュとクッキーはiPhoneにだけ使われているシステムではありません。

iPadやMac、Android端末などネットを介して利用する端末のほとんどに用いられています。

スマフォン
スマフォン

まずはキャッシュからです。

キャッシュとは

キャッシュは主にWebページやアプリの高速表示化のために使われます。

iPhoneなどのデバイス(端末)を使ってWebページを閲覧する場合、HTMLや画像ファイル、そしてJavaScriptの様なWebページを構成する言語を読み込んでiPhoneなどのディスプレイに表示します。

そのページをiPhoneなどのディスプレイに表示させる為に必要なファイルをサーバーとの通信によってダウンロードします。

この時にその内容をローカルに一時的に保存する事で、同じページ(内容に変更が無い場合)を閲覧した時にローカルファイルを表示して高速表示化するのです。

つまり、本来であればサーバーとの通信によってダウンロードしなければいけないデータファイルを省略する事ができるのでWebページやアプリをデバイスに早く表示させる事ができるのです。

スマフォン
スマフォン

難しく感じたかもしれませんが、要はiPhone内に一時的に訪問したWebページの情報を記憶しておくシステムだという事です。

その為、キャッシュデータはいろんなWebページを閲覧すると溜まってきてしまうので定期的に削除してあげる方がiPhoneには優しいです。

iPhoneの中にキャッシュがたくさん溜まってしまうと、iPhoneの挙動がおかしくなる事があるのです。

キャッシュの削除方法は「iPhoneのキャッシュの意味や削除方法」で解説しましたので参考にしてみてください。

スマフォン
スマフォン

では次にクッキー(Cookie)についてです。

スポンサーリンク

クッキー(Cookie)とは

クッキー(Cookie)はサイト上での特定の情報を保持するための技術です。

例えば、会員制のサイトだと、ログイン情報を保持しておくような場合に使われます。

TwitterやInstagram、LINEの様なSNSにログインする際にiPhoneだと、IDやパスワードを省略したりする事ができるのもこのクッキー(Cookie)という技術を使っているからなんです。

iPhone内のクッキー(Cookie)の保存情報は、

「設定アプリ」>「Safari」>「詳細」>「Webサイトデータ」

にて確認する事ができます。

もし、個別で各サイトごとのクッキー(Cookie)を削除したい場合は、右上の「編集」をタップして「ー」をタップすると削除する事ができます。

まとめ

今回は【iPhone】キャッシュとクッキー(Cookie)の違いとは?という内容でした。

iPhoneのキャッシュやクッキーを定期的に整理する事で、iPhoneのパフォーマンスを安定させる事ができます。

最近iPhoneの動作が不安定なんだよなぁ

という方は「iPhoneのストレージの容量不足を解消し、増やす7つの方法」を参考にストレージを解放しましょう。

コメント