iPhoneのバッテリー交換時期の目安や替え時は?最大容量は関係ある?

iPhone(iOS)

最近iPhoneのバッテリーの減りが早い様な気がする。バッテリー交換時期の目安や替え時ってあるのかな?

バッテリーの最大容量を目安にしたら良いって聞いたけど、どうなんだろ?

iPhoneの様に充放電を繰り返すスマートフォンはバッテリーの劣化が早いと言われています。

では、どの様なタイミングでバッテリー交換をするのがベストなのでしょうか。

スマフォン
スマフォン

そこで、ここではiPhoneのバッテリー交換を頼む目安や替え時について色々な状況から確認してみたいと思います。

緊急時に役に立つ低電力モードの設定方法は「iphoneの「低電力モード」の設定方法と解除方法」を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー交換時期の目安や替え時は?

iPhoneのバッテリー交換時期の目安としては主に、

以上2つがiPhoneのバッテリー交換時期の目安、もしくは替え時だと言われています。

ではそれぞれの状況をもう少し見てみることにしましょう。

iPhoneのバッテリーの減りが急に早くなった時

iPhoneのバッテリーはリチウムイオン電池になっていて充電の回数に応じて徐々に劣化していきます。

バッテリーが劣化してくると、バッテリーの最大容量も減ってしまうので、100%に充電していても0%になるまでの時間は早まります。

主な症状として、

  • 「iPhoneのバッテリーの減りが尋常じゃないくらい早い」
  • 「急にiPhoneの電源が落ちてしまう」
  • 「さっきまで50%あったのに充電が急に10%になってしまう」
  • 「電源が入らなくなってしまう」

などの症状が出てくるとiPhoneのバッテリー交換の時期かもしれません。

また、iPhoneのバッテリーが劣化してきた場合、バッテリーが膨張してiPhoneが故障してしまったという事例もあります。

また、以下の様にリチウムイオン電池がパンパンに膨らんでしまうと、iPhone内の電子回路にも悪い影響が出てしまい、結果、データが損傷したり、故障してしまったりすることもあります。

ここまで放っておく事は稀だと思いますが、もしこの様な状況であればすぐにiPhoneのバッテリーを交換する様にしましょう。

iPhoneのバッテリー最大容量が80%以下の時

iPhoneのバッテリーは新品のバッテリーと比べて80%以下に能力が低下した時、Appleのサポートの対象にもなり、交換時期の目安にもなります。

変な使い方をしていないのに充電の回数が今までよりも明らかに増えた場合は、バッテリーの寿命が近づいている可能性もあります。

iPhoneのバッテリーの状態や最大容量を調べる方法ってないのかな!?

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリーの状態を確認する2つの方法

iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法は、主に2つあります。

ちなみにiPhone5以前の端末を使用している場合は、iPhoneのバッテリー診断に特化したアプリで、調べることができます。

iOS11以降のiPhoneの場合

「設定アプリ」>「バッテリー」>「バッテリーの状態

へと進むと「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」をチェックすることができます。

この時、「ピークパフォーマンス性能」に異常があった場合は、同画面にてコメントが出ますので確認してください。

AppleサポートのiOS診断を受ける場合

AppleのサポートでiOSの診断を受けることができます。

Appleサポート

「バッテリーと充電」>「バッテリーに関する質問/トラブルシューティング」

へと進み「チャット」もしくは「アドバイザーとの電話」を選択します。

アドバイザーに電話する事で診断してもらうことができます。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー交換方法

iPhoneのバッテリーを交換する方法は、大きく分けて次の2つになります。

①:Appleや正規プロバイダでの交換

「Apple Care+」に加入している方は、バッテリーを無料交換できます。

基本的にはこちらを利用する事で、安心してバッテリー交換することができます。

  • 持ち込み時のバッテリー交換時間:2〜3時間
  • 郵送の時のバッテリー交換時間:1週間前後

となっています。

時間に余裕がある場合やなるべくお金をかけたくない場合は上記の方法がベストだと思います。

②:スマホ・iPhone修理専門店での交換

全国でスマホ・iPhoneの修理専門店はたくさんあります。

修理専門店の特徴は、

  • 対応が素早い
  • 修理時間も短い
  • 価格も正規よりも安い

などのメリットがあります。

各店舗によって料金や作業時間も変わってきますのでよく比較してから修理に出すと良いでしょう。

まとめ

今回はiPhoneのバッテリー交換時期の目安や替え時は?最大容量は関係あるのかについて見てみました。

通常使用であればiPhoneのバッテリーは2年以上は十分持つと思います。

現に私のiPhoneのバッテリーは4年目で最大容量が80%以下になったので交換しました。

とは言っても人それぞれ使用環境は違いますので、何かおかしい!いつもと違う!そんな場合は、人間と同じで専門家の診断を受けるのが一番だと思います。

スマフォン
スマフォン

無理して使用して大切なiPhoneが壊れてしまってもいけませんからね。

自己判断はせずに、その道のプロが確認する事が一番の安心に繋がりますよ。

また、iPhoneの迷惑メールフォルダは活用していますか?

もし迷惑メールフォルダにメールがたくさん溜まっているようでしたら、以下の方法で簡単に一括削除する事ができます。

▶︎【iphone】迷惑メールフォルダの意味や迷惑メール一括削除の方法

iPhone(iOS)
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします!
スポンサーリンク

関連記事

スマフォンのITメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました