【Facebook】出身地や出身校を使って友達検索する簡単な方法!

Facebook

この記事では、Facebookでの出身地や出身校を使って友達を検索する簡単な方法について紹介しています。

Facebookで友達と繋がることで、友達の近況を知る事ができたり、友達とメッセンジャーを使ってリアルタイムにメッセージのやり取りをする事ができます。

Facebookでは出身高校などを元に友達の検索をする事もできます。

昔は仲良かったけど、今は疎遠状態…、そんな友達を検索して見つけてみましょう。

関連記事【Facebook】検索履歴の確認方法と削除の手順[スマホ/PC]

スポンサーリンク

【Facebook】出身地や出身校を使って友達検索する簡単な方法

実はFacebookで出身地や出身校を元に以前は詳細に検索する事ができましたが、現在のFacebookでは検索する対象を徐々に絞っていく様な形になりました。

最も簡単な検索の仕方を初めに紹介すると、Facebookにログインしたら画面上部に検索窓が表示されていると思います。

ここに相手の名前を入力します。

すると検索対象の友達がFacebookに登録している場合は検索結果として表示されます。ただ、相手の苗字は分かるけど下の漢字が分からない…そんな時もあるかと思います。

その時はまず初めに検索窓に名字を入力し、左側の条件検索機能を使ってさらに絞っていく形になります。

Facebookの条件検索機能を使う手順

Facebookでは条件検索機能を使う事ができます。

ただ注意点としては初めに先ほどの画面上部の検索窓に名字、もしくは名前を入力した状態で検索結果を「人物」に設定します。

そしてもう一つの注意点なのですが、現在(2020年時点)では条件検索機能の市区町村を選択する項目が機能していません。

つまり、市区町村で検索したい場合は、指定検索ではなく、「すべて」もしくは「自分がFacebookのプロフィールに登録している市区町村」のみでしか検索する事はできません。

それを踏まえてここからは主に「学歴」「職歴」を使った友達検索を紹介します。

スポンサーリンク

「学歴」を使った友達検索方法

学歴というのはいわゆる出身校を指します。

例えば出身中学や出身高校、または大学卒である場合は出身大学になります。

条件検索の方法は至って簡単です。初めに「学歴」のカテゴリー内に「すべての学校」「学校を選択」と書かれていますので、「学校を選択」をクリックします。

すると入力画面に変わりますのでこの中に検索対象の学校名を入力します。

ただ、注意点があるのですが、以下では「東京大学」を入力しようとしていますが、Facebook内に登録があるのは「東京大學」です。

「学」と「學」の違いだけで表示されたり表示されないなどがあります。

ちなみに以下では「東京大学」と検索したら以下の様に「東京大学」に関連した大学が表示されました。

検索対象の友達がどちらをプロフィールに登録しているかだけでも変わってくるはずなので、こういった場合は両方を入力する方が良さそうですね。

「職歴」を使った友達検索方法

そして次は「職歴」を使った友達検索方法ですが、先述した「学歴」での検索手順とほぼ変わりません。

「職歴」項目の「会社を選択」をクリックして相手が登録しているであろう会社名を入力します。

すると該当する会社名が表示されます。

上記では「東京」と入力していますので、それに関連した検索結果となっています。

ただ、この職歴検索に関しても相手がプロフィールに登録しているか否かで検索結果に表示されるかどうかが決まってくる様です。

近年は個人情報の観点からも電話番号やメールアドレスによる友達検索に規制がかかったばかりですので、徐々にFacebookで検索できる項目は少なくなってくるのかな?とも感じました。

スマフォン
スマフォン

現に市区町村での検索では制限がかかっている様ですしね…

ただ、相手がFacebookをしているのを知っているのに検索しても表示されない場合は以下の理由があるかもしれません。

関連記事 Facebookでブロックすると・ブロックされたらどうなる?

まとめ

今回は【Facebook】出身地や出身校を使って友達検索する簡単な方法について紹介しました。

Facebookは他のSNSとは違い実名で登録している人が多くいます。

それ故に最近は利用を避けている人も多い様に感じます。

ただ、活発に活動をしているFacebookユーザーもたくさんいますので、昔の友達を検索で発見したら積極的にアピールしてみましょう。

関連記事【Facebook】名前の変更方法と変更できない時の対処法

Facebook
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします!
スポンサーリンク

関連記事

スマフォンのITメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました